トップ

遺留分を相続する

遺留分とはなにか

遺留分で最低限の相続が可能

相続に関する悩みは多くの方が持っています。特に親子関係がうまく行っていなかったというような時は、被相続人(財産を残す人)は財産の相続をさせたくないと考えてしまうことが多いようです。

財産の相続は遺言書による分配が一般的ですが、感情のもつれがあった時などは遺言でも遺産の相続を明言しないということもあります。このような時、遺言書に名前が書かれていない人は、相続の権利が無いことになってしまいます。ですが、被相続人がすべてを決めるだけでなく、相続人の相続の権利を守るために遺留分という制度があります。

遺留分とは相続人が最低限相続できる財産を保証する制度です。この遺留分の対象は配偶者、子供、父母に限られ、兄弟は保証されていません。ですから、今あなたの名前が遺言書に無かったとしても、最低限の財産を相続できる権利は守られています。

ただ、相続にまつわるトラブルは、兄弟姉妹など血縁者とのトラブルになる可能性が高いので、1人で考えるのではなく専門家に相談するほうが解決しやすくなります。相続について弁護士に相談したいならこちら。

遺留分でどのくらい相続できるのでしょうか。
遺産は元来、財産を残した人が自由に分配を決める権利を持っています。ですが、被相続人の自由だけを認めてしまうと不利益をこうむる相続人が生まれる可能性があります。このような不公平を避けるため、相続人は相続できる財産の半分を遺留分として請求する権利を持っています。

遺留分の計算は、配偶者だけが相続する、配偶者と子供が相続するなど相続時の条件によってひとりひとりの慰留分が変わってきます。例えば遺産の相続人が配偶者だけの場合は、配偶者は遺産の半分を遺留分として相続できます。

子供が相続する場合は、遺産の半分を被相続人の配偶者と子供が半分ずつ、つまり4分の1を遺留分として相続できます。子供が複数いる場合は、子供の遺留分を子供の人数で割った分が1人の遺留分となります。兄弟が2人の場合でしたら財産の8分の1が遺留分として相続する権利があります。このように遺言書に名前が無くても最低限の財産を相続する権利は残されています。

Copyright © 遺留分とはなにか. All rights reserved.